一般歯科

当院のむし歯治療

当院では、初期のむし歯においては予防管理による経過観察をしていきます。もちろんむし歯が進行してしまっている歯はしっかりと治療していきますが、そうでない歯に関しては、患者さんそれぞれのお口の中の状態をチェックしながら、食生活や生活習慣の改善アドバイスや、フッ素塗布、歯みがき指導などで症状の改善をめざしていきます。歯を一度削ってしまうと、二度と元に戻ることはありませんし、予防ができていませんとむし歯の再発するリスクも高まってしまいます。そのため、患者さんにとって無理のない徹底した予防歯科による治療を重視しております。

むし歯の進行と治療法

co01     ① エナメル質 ② 象牙質 ③ 歯髄 ④ 歯冠 ⑤ 歯根

CO:脱灰

むし歯の初期段階で、歯の表面に白濁が見られる状態です。まだ痛みはありません。毎日しっかりと歯みがきをすることや、フッ素の塗布などで改善できます。

 

矢印

C1:エナメル質のむし歯

痛みはなく予防にて経過観察をすることもありますが、むし歯の進行するリスクが高い方や経過観察で改善できない場合は、最小限に削って、そこに詰め物をして治します。

矢印

C2:象牙質のむし歯

むし歯がやや進行している状態です。冷たい物や甘いものがしみるなど、多少の痛みが伴う場合もあります。むし歯部分を削り、そこに詰め物をして治します。

矢印

C3:神経まで達したむし歯

むし歯が歯の神経にまで達してしまっており、痛みがあります。神経を取り除き、その部分にかぶせ物を装着する必要があります。

矢印

C4:C3より進行して歯根まで達したむし歯

歯冠部分がむし歯の進行で崩壊している状態です。歯の残存量が少ないため、ほとんどの場合が抜歯もしくは将来的に抜歯となってしまいます。欠損部分は入れ歯やブリッジ、インプラントを入れて補います。

CO:脱灰

むし歯の初期段階で、歯の表面に白濁が見られる状態です。まだ痛みはありません。毎日しっかりと歯磨きをすることや、フッ素の塗布などで改善できます。

C1:エナメル質のむし歯

痛みはなく予防にて経過観察をすることもありますが、むし歯の進行するリスクが高い方や経過観察で改善できない場合は、最小限に削って、そこに詰め物をして治します。

C2:象牙質のむし歯

むし歯がやや進行している状態です。冷たい物や甘いものがしみるなど、多少の痛みが伴う場合もあります。むし歯部分を削り、そこに詰め物をして治します。

C3:神経まで達したむし歯

むし歯が歯の神経にまで達してしまっており、痛みがあります。神経を取り除き、その部分にかぶせ物を装着する必要があります。

C4:歯根のむし歯

歯冠部分がむし歯の進行で崩壊している状態です。歯の残存量が少ないため、ほとんどの場合が抜歯もしくは将来的に抜歯となってしまいます。欠損部分は入れ歯やブリッジ、インプラントを入れて補います。

当院の小児歯科

当院では、「永久歯に生え変わるまで、あとどのくらい乳歯を使うかを考慮し、どんな治療をするべきか?」と考えて治療を進めています。お子さんの歯科治療に対する負担や、トラウマを与えないためにも、必要以上の治療や、麻酔の使用はなるべく避けていきたいのです。
親御さんの要望をお聞きした上で、その子その子のペースに合わせて治療を進めていくことを基本としております。
また当院では、お子さん連れのお母さんもご安心して通っていただけるよう、保育士の資格を持ったスタッフが在籍しています。お子さんを預けるのが心配というお母さんも、しっかりと治療に集中していただけます。特に小さいお子さんをお持ちのお母さんには、むし歯の母子感染予防の上でもしっかりとむし歯の治療はしていただきたいと思います。ご希望の方はお問合せください。

お子さんの予防歯科

お子さんは大人に比べてむし歯の進行が早いと言われています。お母さんがしっかりと予防歯科の知識をもっていただき、ケアをしてあげることが大切です。乳歯の奥歯に関しては5~6年生くらいまで使う歯となります。小さいうちからジュースやスポーツドリンクを与えすぎたり、甘いお菓子の味を覚えさせないことに気を付けてください。また、歯並びに影響するような頬杖やうつぶせ寝などの悪い習癖があるお子さんには、アドバイスもさせていただきますので、お気軽にご相談ください。また、定期的に歯科医院での検診をお受けいただくことで、お子さんのお口をむし歯から守っていくことができます。

フッ素塗布

むし歯の進行を抑制したり、歯質をむし歯になりにくく強化してくれる効果を持つフッ素を、歯に塗布する予防法です。お子さんのうちから定期的な塗布をしていくことで、むし歯になりにくい丈夫な歯をつくることができます。

シーラント

奥歯の溝は汚れが詰まりやすい箇所です。歯ブラシも届きにくいため、むし歯のリスクも高まってしまうのです。シーラントとは、奥歯の溝をあらかじめプラスチックで塞いでむし歯を予防する方法です。